芯のある変化


古くよきものを大切に変わらずとして持ち続け、 芯のある変化を織り交ぜては常に新しい日を歩むこと。 木は大きく根をはり、そこを動かずとして 葉をつけ、花を咲かせやがて実りがある。 いつも は必ずここにあり、 けれど同じ時などきっとない。

Featured Posts
Recent Posts
Archive