イチゴのタルトの時


イチゴのタルトの季節ももうすぐ終わり。

毎日感じているはずの空気でさえも

気づけば春になっていること

時の流れの早さを感じます。

ところで、時ってなぜ一方向なのか考えたことありますか。

時が逆戻りできない、それを当たり前とせずに

学問として日夜研究している方もいるのですよね。

物理学、量子力学、

いろんな観点から物事は見ることができて、

自分が見ている世界なんて、ほんの一部で

平面的で、「現実」でさえ

間違って捉えているかもしれない。

けれど、イチゴのタルトの美味しさだけは、

間違っていないと声高に言えます。

時の流れに寄り添っているケーキだと思います。

軽やかで、季節の華やかさもあり、

それが儚くもあります。

Featured Posts
Recent Posts
Archive