地球交響曲とお冷


万物について想いを馳せるとき、

いつもぼんやりと思っていること、

それが「ガイア理論」として理論化されていると遅ればせながらつい先ほど知った。

ガイアシンフォニー」という映画もかつて観せてもらう機会がありながら

当時は知見が足りずに映画が自分の表面をなぞっただけだった。

今にして「意味」がやってきたけれど、

肝心の内容をほとんど忘れてしまった。

そんな忘却も、ガイア理論、地球という生命の仕組みが

そうさせたのだということにしておきたいところ。

「母なる星地球は、それ自体が一つの巨大な生命体としての 仕組みを持っており、私達人類もまた、その人智を越えた 複雑、精緻な生命の仕組みの一部分として生かされている」

地球の一部分でありながら、自分自身が地球そのもののような気もして

中心部に従って熱を持つ地球の構造を思えば、

胃は冷やしちゃいけないな!

と、妙に納得。

カフェで出す「お冷」も白湯とまではいかずとも

せめて氷抜きにしませんか?

(グラスに氷入れていなくて、氷水という意味)

と、店主に改めて進言してみようと思う。

お冷、冷たい方がいいですか。

どうだろう。

季節はもちろんのこと出すメニューにもよりますかね。

Featured Posts
Recent Posts
Archive