師走

世間はちろりに過ぐる 

ちろりちろり 何ともなやのう 

何ともなやのう 

うき世は風波の一葉よ 何ともなやのう 

何ともなやのう 

人生七十古来稀なり ただ何事もかごとも 

夢幻や水の泡 

笹の葉に置く露の間に

あじきなき世や  夢幻や   くすむ人は見られぬ 

夢の夢の夢の世を 

うつつ顔して 何せうぞ 

くすんで 

一期は夢よ 

ただ狂へ

『なんになろう、真面目くさったところで』

と思いながら2017年もわりと真面目に過ごしてしまった。

終わる、今年も。

ちろちろっと。

Featured Posts
Recent Posts
Archive