09.02 Michio Ogawa live のこと


小川倫生さんのライブ、日も迫ってきました。

CDを通して聴く音色もより現実味をおびて、良い夜になる予感を運んでくれます。

ライブ日には、新作軽食の「サラダ+パン」で使用しているカンパーニュの製造元、コーネルベーカリーさんにお願いして、小川さんのギターにふさわしいパンをご用意してもらおうと思います。

そのパンを使って、なにができるのか。

明後日フードの打ち合せ予定なのですが、今から楽しみで…。

ご来場の皆さん、ライブとともにフードもどうぞ楽しみになさってください。

コーネルベーカリーの店主である中西さんが、とっても嬉しそうに

「この本ぜひ見てみてください。お貸ししますので。」

といって貸してくれたとあるパンのレシピ本を見ながら、想像をふくらませています。

追記:打ち合わせの結果、タルティーヌに決定しました

まだお席のご用意もありますので、ご予約お待ちしています。

---------

日程:2017年9月2日(土)

時間:17:30 open 18:30 start

料金:前売2500yen 当日3000yen (1 drink付)

場所:iijima coffee

予約:店頭またはお電話 047-455-3242 iijima coffee

---------

<小川倫生 Profile>

1989年14歳でギターを手にし、独学でマスターし、ほとんど同時に作曲を始める。

1990年自主制作レーベル「Greenwind Records」設立。

1998年同レーベルから『太陽と羅針盤』をリリースし、ソロ・ギター界で話題になる。

1999年にギタリストのPeter Fingerが主宰するドイツのレーベルAMRの

コンピレーションアルバム『Acoustic Guitar MADE IN JAPAN』に参加。

2007年2月、2006年の暮れにリリースされた4枚目のアルバム『PROMINENCE』が

ピーター・バラカン氏の番組「バラカンビート」で取り上げられる。

2012年にはオキャロランの曲をフーチャ―した、

初のカバーアルバム『Si Bheag.Si Mhor/シ―べグ・シーモア』を発表する。

2014年、プロデューサーとして東日本大震災復興支援プロジェクトCD

「木を植える音楽」を担当。

2015年7月、初のギターデュオアルバム『LAST TRAP/小川倫生&伊藤賢一』を

リリースする。

現在までに6タイトルのアコースティック・ギター・インストゥルメンタルの

アルバムを発表。

ギターの可能性を広げる音楽とそれを支えるテクニックに裏づけられた

情緒的かつ繊細な楽曲が注目を集めている。

小川倫生さんの曲を聴いたことがないという方はこちらをご覧になってみてください。

Featured Posts
Recent Posts
Archive