春という時


時の流れは一定であるけれど感情や体験はその時々。


知らぬうちにそれらは身体にゆっくりと沁み込んで行く。






移ろう時に想いを馳せて。




窓から見える桜の舞にそっと。




Featured Posts
Recent Posts
Archive